• Yuki Miyabe

手術合併症が発生したとき

更新日:5月29日

The patient going through a surgical complication need all the support she can get from family, friends and the treating staff. Although the surgeon responsible for a complication will naturally feel the embarrassment and sometimes will want to avoid the patient and family, this is not helpful to anyone. The surgeon should not withdraw from the patient unless asked. Time at the patient's bedside will help provide an important part of the emotional support which will be helpful in the psychological healing which must accompany the physical healing. The patient will appreciate that her original surgeon is with her at every step the process and has not abandoned her. (David B Redwine, Surgical Management of Endometriosisから)

(Deep L 翻訳)合併症を経験した患者は、家族、友人、治療スタッフから得られるすべてのサポートを必要としています。合併症を起こした外科医は当然恥ずかしさを感じ、時には患者や家族を避けようとするだろうが、これは誰の役にも立たない。外科医は、頼まれない限り、患者から手を引いてはならない。患者のベッドサイドにいる時間は、肉体的な治癒に伴う心理的な治癒に役立つ、感情的なサポートの重要な部分を提供するのに役立つだろう。患者は、元の外科医がプロセスのあらゆる段階で患者とともにあり、患者を見捨てなかったことに感謝することだろう。



 エビデンスやこれまでの経験からどんな些細な合併症をも0にする工夫はしているつもりだが未だ残念ながら0にはならない。同じことしているのに本当に申し訳なく思う。偉大なendometriosis laparoscopic surgeonであるRedwineの一節をいつも胸に刻んでいる。